RichRecycleリサイクルを有効活用!大阪のリサイクルショップ

エチゲンクラゲと砂漠緑化

一見するとエチゲンクラゲと砂漠緑化は何の関係もない事の様に感じるかもしれません。

しかし、エチゲンクラゲというのは砂漠緑化を助けてくれる事もある様です。エチゲンクラゲは、水分をたくさん蓄えておく事ができます。

ですので、チップに加工して地面にまく事で、水分がある状態を維持する事もできると期待されています。

砂漠緑化が必要な場所というのは乾燥しており、さらさらの砂でとても植物が育つにはふさわしくない状態となっている事も少なくありません。

ですので、植物を植えるのみならず、植物が育つ環境を整える事が大事なのです。環境改善に向けてエチゲンクラゲが重要なキーとなるのかもしれません。

急がれる砂漠緑化

砂漠化している地域というのは広がり続けているそうです。ですので、砂漠緑化は急がれています。しかし、砂漠緑化は規模が大きいので、個人が頑張ったとしても、砂漠緑化において十分に効果が得られないという事も考えられます。

砂漠緑化は、大企業などが取り組んでいる場合もある様です。また、砂漠緑化については、現地に暮らす人の手が必要になるという事もある様です。砂漠が広がると、それだけではなくて、他にも植物が減るので温暖化がより一層加速するなどという事が考えられます。貴重である地球環境を大事にしたいですね。しかし、一人一人が努力を続けていると、きっとその努力が実を結ぶ事もあるでしょう。

どうすれば砂漠緑化出来るのか

現在、4分の1が砂漠となっていて、毎年どんどん砂漠化が進んでいます。このまま砂漠化が進行し続ければ、人間の居住基盤は変わってしまうかもしれません。

砂漠化の原因と予想されることが多々ありますが、特に問題なのは栄養塩不足が原因で不毛化している場所があり、栄養塩を供給できれば多くの場所を緑化出来ると言われています。

多くの企業が賛同をして、知識やノウハウを提供し少しずつではありますが、砂漠緑化に向けて動いています。栄養塩をまくだけではなく、その地域の特性にあった植物を植えたり、植物を育つ環境にすることまでを活動の一部として行っています。

砂漠緑化の問題と取り組みについて

砂漠化が進んでいる地域において緑化していく事は非常に困難なことが挙げられます。水分がありませんので簡単に植物を植える事はできません。

砂漠緑化においてはむずかしい問題になりますので、技術者の能力が必要になる場面も多くあります。

砂漠化が進んでしまっている地域においては、世界中からたくさんの外国人がやってきて、砂漠緑化を実施しようと、できる限り力を尽くしています。このような努力がいつの日か実を結び、大きな結果を生み出す日が近いと言われています。多くの問題がありますが、今まで通り緑化をおこなっていくことが、必要とされています。

砂漠緑化へは時間がかかる

とにかく砂漠を綺麗にして、また緑を増やしたいと思うなら、時間をかけないと駄目です。まず土壌の問題が深刻で、なかなか水を吸収して緑を育てられないのです。ここを何とかしないと、解決する部分はありません。最初からしっかりと水を与えて、常に緑が成長できるように工夫します。

こうした部分は時間をかけて行っていると、割と改善することも多くなります。そして時間が経過すると、さらに緑が増えてきます。苗を植えてからかなりの時間が経過すると、その砂漠は緑に変わっているかもしれません。砂漠緑化には、相当な時間を要するのです。

砂漠緑化に関する記事