RichRecycleリサイクルを有効活用!大阪のリサイクルショップ

人々の暮らしと砂漠緑化

焼畑農業をして、生計を立てている人もいる様です。

焼畑農業をすると砂漠化しやすくなる事もあるという話を聞いた事があります。

しかし、彼らも貧しく生きるために、行っている部分もあり悪循環を起こしています。

早くに砂漠緑化に取り組まないと大変なことになります。

自然に負担がかからない方法で農業ができ、生活を続けていける状態を維持できれば、砂漠緑化も必要なく、環境も保護できるでしょう。

砂漠緑化が必要だとあちらこちらで言われていますが、環境を守りながら農業できる仕組み作りなど、貧しい人々が生活ができる仕組みも同時に必要ではないかと考えています。

すでに砂漠になってしまっている場所については砂漠緑化が必要ですが、いろんなアプローチで自然環境を守るという事も必要なのかもしれません。

砂漠緑化の実情と対策

日本だけに留まらず、世界の各地において様々な環境問題が深刻になっています。数多くの企業団体や地方自治体によって進められている砂漠緑化は、自然保護だけではなく、二酸化炭素の削減や大気汚染の防止などにも繋がります。

新たな自然植物を植林するなどによって、緑化される運動やキャンペーンなどが進められている他、環境問題への対策は、現代社会においてアピールや広報としての重大な役割も担っています。砂漠の緑化は、自然環境が増えることで、生き物を増やすことも可能となり、生物の生態系などへも大きく関わることでしょう。

砂漠緑化をおこなう上で大切なこと

砂漠化した土地や砂漠化しそうな土地、地域において植林をおこない、緑を取り戻すのが砂漠緑化です。

ただ植林をすればいいのではありません。砂漠化した土地は砂地が多いので、根が張りやすいように稲ワラや麦ワラを地中に埋め込みます。また放牧で家畜が木の皮や芽を食べてしまい木が枯れてしまうケースもあります。このような場合は、家畜が植林した木に近づけないように柵をする必要があります。

また地域住民が活動の意味を理解し、地域で継続していけるよう理解してもらう必要があります。水やり、追肥、剪定も継続していくことも大切です。

企業アピールの役割も持つ砂漠緑化

日本だけではなく、世界中において多くの環境問題が深刻な問題になっています。数多くの大手企業や地方自治体などにより実施されている砂漠緑化は、自然保護を行うだけではなく、結果的に二酸化炭素の削減などにもつながってくる事が挙げられます。

対策として新たな自然植物を植林することで、緑化される対策や施作などが急速に進められていて、この環境問題への対策については、企業においてのアピールとしての役割を持っています。しかしながら一番重要となる事は、自然環境が増えていく事で、その場所に生き物を増やすこともでき、やがて生態系に発展していくことが挙げられます。

砂漠緑化と水分を守る仕組みについて

エチゲンクラゲと砂漠緑化は、一切関わりのないように思うかも知れません。

しかしながら、エチゲンクラゲは砂漠緑化の救世主であります。エチゲンクラゲの体内は、多くの水分を貯めとくことができるからです。このような役割を踏まえていくと、エチゲンクラゲをチップに加工し、砂漠化してしまっている地面にまいてみると、水分が維持できるかもしれないと多くの期待が寄せられています。

砂漠化がはじまっている地面の表面においては水分がなく、乾燥してしまっている状態なので、第一に植物を育てるために水分を守る仕組みが大切になります。

砂漠緑化に関する記事