RichRecycleリサイクルを有効活用!大阪のリサイクルショップ

充填物を利用するスクラバーの種類

スクラバーは排気中に含まれる有毒ガスを処理する装置で、水などの液体を吸収液として排ガス中の有毒成分とダストを吸収液に捕集して分離するので湿式スクラバーと呼ばれていて、通常プラスチックや陶器などの充填物に噴霧した吸収液の液体の膜に排ガスを使って捕集する方法一般的で、充填物を使用した場合には、種類は縦型と水平があります。

縦型の長所は、気液接触効果よく、充填物の種類が豊富という点、省スペースで設置可能という点です。水平の長所は、充填物のステージ数を増やせる構造で、ステージ毎に吸収液を変える事ができるので、多成分のガスに利用する事ができ、充填層での塩の析出する事によって起こってしまう閉塞を抑える事が可能で、補給水量が少なくすみます。

スクラバーの重要な役割

化学の分野において、実験や分析、工場での製造などの工程の中で懸念される事柄、酸やアルカリ薬品などが含まれた有害ガスの排出です。人体に影響を及ぼすものもある他、地球への環境問題についても、大気汚染などの大きな原因とされています。

発生した有害ガスが排風機の仕組みで集められ、洗浄された後に、綺麗な空気として大気に放出される装置はスクラバーと呼ばれます。様々な種類の物が存在しており、製造過程においても工夫されています。設置環境や設置目的、用途に合わせて使い分けができるようになっており、小型のものなども存在します。

目的によって使い分けられるスクラバー

スクラバーは、高濃度の酸性ガスやアルカリ性ガスなどの有害物質に対して、水での洗浄や薬液中和が可能な装置です。化学工場での製造や実験などの家庭において、大量に排出される汚染された空気を綺麗にするために、あらゆる仕組みが導入されています。

目的や設置環境によって、様々な種類のものが存在しており、性質や性能、形状も異なっています。小型のものや、処理方法のタイプが異なるものなど、多くの中から用途に合ったものが選ばれており、それぞれの使用先で使い分けがなされながら、環境汚染における環境問題への対策に幅広く役立てられています。

幅広く活用されるスクラバー

化学工業などでの実験や分析、製造の過程においては、濃度の高い酸やアルカリなどの有害物質が含まれたガスが大量に発生してしまう場合もあります。近年、強く叫ばれている環境問題への懸念にも広がっており、重大な大気汚染の原因とも考えられています。

汚染された空気が集められた後、水や薬剤などによって洗浄され、再び綺麗な空気として大気へ排出される仕組みが整った装置はスクラバーと呼ばれています。様々な種類に分かれており、小型の物や、仕組みの異なる物が見受けられる中、設置環境や設置目的などによって使い分けながら活用されています。

スクラバーの利用による環境対策

汚染された空気を排風機で集め、薬剤や水で洗浄された後に再び大気中へ放出されるという仕組みを持つ装置は、スクラバーと呼ばれています。化学の分野における実験や分析、工場での製造過程などにおいて、大気の汚染に関する対策は重要な課題でもあり、地球の環境問題を考える上でも決して無視できない事柄です。

より確実な効果を発揮させるために、設置環境や目的に応じて使い分けがなされており、様々なタイプの装置が存在しています。小型の物もあり、コンパクトに取り扱われることで、使いやすさが実現され、より幅広く取り入れられるきっかけにもなります。

スクラバーに関する記事