RichRecycleリサイクルを有効活用!大阪のリサイクルショップ

海外で藻場再生または砂漠緑化を行うツアー

個人で地球のために何かしたいと思っても、地球はとても広いのであまりできる事は多くはないかと思います。しかし、団体の一人として海外で藻場再生または砂漠緑化を行うツアーに参加してみるというのはどうでしょうか。

たくさんの人と一緒に活動を行いますので、個人で行動するより大きな力になるでしょう。交友関係も広がるのではないでしょうか。藻場再生または砂漠緑化のための効率的な手段などについては専門知識やノウハウが優れている人でないと分からない事もあるかと思いますが、団体のボランティアではその様な人が指示を出したりする事もある様です。

国内ではなく本当に深刻な問題が浮上している海外で藻場再生や砂漠緑化などの活動を行うという事は非常に有意義ではないでしょうか。

砂漠緑化のための植林について

砂漠化してしまった土地や砂漠化がはじまっている土地、その地域において緑化をおこない、生態系を取り戻していくのが砂漠緑化の取り組みです。やみくもに植林をすればいいというわけではありません。

砂漠化してしまった土地においては砂地になってしまっていますので、植物の根が張ることができるように麦ワラなどを地中に埋めていきます。また放牧している地域においては家畜が植物を食べてしまい木が枯れるケースもあります。飼育している家畜が植林している木に近づくことができないように柵をはる必要が出てきてしまいます。また地域の住民が活動の意味をしっかりと理解し、地域で続けていけるように理解してもらうことが大切だと言えます。

砂漠緑化の問題と課題

世界中に砂漠のエリアが広がってしまっています。この砂漠のエリアが広がると、多くの問題が生じてきます。砂漠化してしまうと砂だけが残ってしまい、あたり一面に砂が広がってしまうことになります。

砂漠にだけになってしまうと地球上の生物は、生息することができなくなります。また、人間の生活にとっても影響を及ぼす原因になります。このような問題を踏まえて、砂漠緑化をすることが緊急課題としてされていますが、時間が多くかかる取り組みになってしまいます。

しかしながら、このことがこれ以上広がってしまうと、生態系にも大きく影響があるかも知れませんので、みんなで早急に取り組み励んでいくことこそが重要になります。

砂漠緑化とエチゲンクラゲ

エチゲンクラゲと砂漠緑化については、関わりのないように感じるかも知れません。しかしながら、エチゲンクラゲは砂漠緑化をサポートする役割を担っているそうです。

エチゲンクラゲの体内は、多くの水分を蓄えることができるからです。そのような役割を踏まえると、エチゲンクラゲをチップに加工し、砂漠化がはじまっている地面にまくと、水分が維持できると期待が集まっています。

砂漠化がはじまっている地面の表面には水分がなく、乾燥してしまっている状態でありますので、まずは植物を育てるために水分を維持できる仕組みを作らければなりません。

水分を蓄える砂漠緑化の実験

砂漠の緑化問題については、簡単な問題なわけではありません。砂漠になってしまった場所は非常に乾燥していて、植物が育つことができず生態系を作りにくい環境になってしまっていることが挙げられます。砂漠緑化をしていく為に植物を植えていても、枯れてしまうことがあります。

このような問題点が潜んでいますので、砂漠緑化をおこなう際においては、水分をどのような形で維持していくかがポイントになってきます。1つの案として、水分をたくさん含んでいるクラゲを利用することがあります。

砂漠化してしまった土地に、クラゲのチップを撒くことで、水分を蓄える実験が現在行われています。

砂漠緑化に関する記事