RichRecycleリサイクルを有効活用!大阪のリサイクルショップ

化学工場で使用されているスクラバー

化学工場において排出される臭気というのは、そのまま大気中に放出されてしまうと、臭いが困るというだけではなくて、さらに健康に影響が出るなどという事も考えられます。ですので、スクラバーなしでは仕事にならないという企業もあるみたいです。

スクラバーは臭気を発する工場などで大活躍しています。種類は、小型のスクラバーから大型の物まで多種多様です。時々、工場が多い街などにおいて、スクラバーを見かける事も多いのではないかと思います。

しっかりとスクラバーを設置する事で、環境が良くなったり、もしくは企業イメージが良くなる事もあるかもしれませんね。設置におけるメリットは少なくないでしょう。

スクラバーにおいての工夫や目的

化学の分野において欠かせないスクラバーは、工場での製造過程や実験、分析を進める中で排出される有害物質が洗浄できる装置です。高濃度の酸やアルカリが含まれて汚染されてしまった空気を排風機で集め、薬液中和での吸収や水での浄化がなされた後、綺麗な空気として大気中へ放出されます。

設置環境や目的に応じた使い分けが行われており、特殊な仕組みも兼ねた製品や、コンパクトな形状として製造されたものなども多く見受けられます。近年、問題が深刻化している大気汚染などの環境問題への対策にも適応できるよう、様々な工夫が見受けられます。

環境対策に効果的なスクラバー

化学工場での製造工程をはじめ、実験や分析など、化学の分野におけるあらゆる状況において、酸やアルカリが含まれる有害物質が排出されるケースは多く見受けられます。

近年、強く叫ばれている大気汚染などの環境問題に影響を及ぼさないために取り入れられているスクラバーは、有害物質を水や薬剤で洗浄したり、中和吸収したりすることで、空気を綺麗にした後に大気中へ放出することが可能となります。コンパクトな形状の物や、特殊な仕組みとなっているものも多く製造されており、使用環境や設置に関する目的に応じた使い分けがなされています。

企業が取り組むべきスクラバー

スクラバーは洗浄集塵装置や排ガス処理装置など様々な呼び名があるようです。微細な粉塵や人体に有害なガスを取り込んで、洗浄し無毒化していくものです。装置の中では洗浄水や洗浄液が大気中の物質を取り込んで、分解し浄化できるものです。

そのためスクラバー内は定期的なメンテナンスが必要不可欠です。これを怠ってしまうと、汚染物質を撒き散らす原因となってしまうからです。メンテナンスはメーカーが対応するケースが多く、その都度経費もかかるものですが、従業員の職場環境を整え、自然環境汚染に配慮し実行することが、企業として求められています。

スクラバーの機能性とメンテナンス

スクラバーは主に湿式タイプが使われることが多く、洗浄水や薬剤といったもので有害ガスや粉塵、悪臭などに対処する場合に使われます。また活性炭のフィルターをもつ乾式タイプは湿式タイプでは対処できない悪臭に対し効果を発揮します。

例えば水で洗浄できない有機用材といわれる発ガン性物質のベンゼンもその中の一つです。大気ごと取り込んで処理した上で浄化し、排出するので装置のメンテナンスは絶対条件です。装置の洗浄、フィルターの交換などを定期的におこなう必用があります。これによって機能を正常に働かせ、耐用年数をもたせることができます。

スクラバーに関する記事