RichRecycleリサイクルを有効活用!大阪のリサイクルショップ、スクラバー、砂漠緑化について

TOP > スクラバー > スクラバーを設置するには

スクラバーを設置するには

排ガスなどを排出する場合には、スクラバーを設置したいという事もあるかと思います。もしスクラバーを設置したいという時には、取扱いをしている会社をまず見つける必要があります。

そして、会社が見つかると、どの様なスクラバーが必要であるのかという事を踏まえて、具体的にスクラバーを選択したり、もしくは既製品で間に合わない場合には、会社に問い合わせないといけない事もあるかと思います。

スクラバーという機械について詳しく知らなくても、会社の資料に目を通したり、質問して話を聞いたりする事で、ある程度の事は把握できるのではないかと思います。設置する事ができれば、排ガスの事で悩む必要もなさそうですね。

活用されるスクラバーの特徴

化学の分野における工場運営や製造過程、その他、実験や分析などが行われる際、濃度の高いアルカリや酸など、大量の有害物質に汚染された空気が発生してしまうこともあります。環境問題への影響を回避させるため、スクラバーと呼ばれる装置が導入され、対処されています。

汚染された空気を水や薬液で洗浄し、再び大気中へ綺麗な空気として放出させるという仕組みになった装置です。設置環境によって使い分けができるように、コンパクトな形状なものなども製造されており、持ち運びに便利であるなどのメリットも組み込まれながら、役立てられています。

スクラバーに関する記事

スクラバーを受け取ったら

スクラバーを発注して受け取ったら、すべて完了するわけでは決してありません。むしろ、来てからが本番といえます。まず受け取ったらそこで検収してしまうのではなく、作動確認を必ずしてください。

機械によっては接続が悪かったりして、最初稼働しないものもあります。できれば実際に製造に携わった人に立ち会ってもらい、実際に動くまで調整をしてもらうのが安心です。

問題なく稼働するようになってから、検収などの処理に取り掛かりましょう。最初確認しなかったのに、使い始めたら動かないという訴えをしても、トラブルに発展してしまうことがあります。

散気菅つきのスクラバー

水洗浄のスクラバーは、やはり水が汚れてくるので汚水を一定まで浄化してから排水することになります。その都度水を交換するのは、手間もコストもかかるものです。その点に着目し排水の頻度を減らせる散気菅を装備したスクラバーが製品化されています。

有機物を生分解できるので、循環している水の腐敗や汚泥の発生を抑えることができるのです。これによって排水までのスパンを長くもたすことが可能になります。経過によって内部は汚れが蓄積されていきますから、排水、内部洗浄、フィルターなどの交換を定期的に専門業者に依頼することになります。

スクラバーには種類があります

スクラバーは工場から排気する空気中に含まれる有毒ガスを処理することが可能で、水などの液体を利用して、排気ガスを洗浄することが出来る装置となっています。水吸収で収集することが可能なのが、アンモニアや塩化水素やフッ素化水等の有毒ガスで、空気を綺麗にして排出することが出来ます。

水以外にも様々な方法で、有毒ガスを処理し、どのような排気ガスでも綺麗にすることが出来ます。装置の種類もたくさんあり、縦型と水平スクラバーが主な形となります。大きさや規模などは工場の規模や用途によって変わってきますので、オーダーメイド製の装置となっています。

スクラバーは洗浄液を使っている

スクラバーは、洗浄液を使って排出する空気を浄化しています。微粒子の状態で吹き付けることで、空気を洗浄するような形で綺麗にしています。洗浄されている空気は、不純物を排除することが可能になり、有害な物質は排除されていきます。

空気として、外の環境に影響が出ないように整えてから、スクラバーは外に空気を放出する仕組みを採用しています。極めて難しい技術が多く利用されているので、多くの技術者が協力して担当している機械でもあります。洗浄液がなくなってしまうと大変なので、メンテナンスによって補充する作業も行っています。

メニュー

RichRecycleリサイクルを有効活用!TOP リサイクルショップ 出張買取のリサイクルショップ リサイクルショップ大阪 買取 スクラバー スクラバーの種類 砂漠緑化 藻場再生

リサイクルショップ、スクラバー、砂漠緑化の情報以外についてのお問い合わせはここ

リサイクルショップ、スクラバー、砂漠緑化の情報の今後どんどん増やしていきます。リサイクルについて詳しくは兵庫・京都・大阪・奈良といった関西エリアで不用品の出張買取サービスを行っているリサイクルショップへ。