RichRecycleリサイクルを有効活用!大阪のリサイクルショップ

技術者を必要とする砂漠緑化

広がり続ける砂漠の地域に砂漠緑化を行うというのは本当に大変な事です。植物を植えても枯れる恐れがあります。

砂漠緑化は技術者の能力を必要とする事も少なくありません。場所により気温の高低差が大きかったりもします。

砂漠化が進む地域では国内外からたくさんの人が砂漠緑化のためにやってきて、力を尽くしています。

人の努力と、技術者のノウハウが合わさって砂漠緑化が成り立っているのかもしれませんね。植物の生長に欠かす事ができない塩分を含まない水の確保も課題となっています。

現在においても解決すべき課題はまだ残されていますが、きっとテクノロジーの進歩が砂漠緑化を助けてくれる事でしょう。

砂漠緑化の対策について

砂漠緑化と言う言葉を聞いたことがありますか?現在世界各国で緑が少なくなってきて、砂漠化している土地が増えてきています。そうすると水がある所でないと育たない木や、こういった環境では生き延びることができないような動物がどんどん絶滅していってしまいます。

そうした中で様々な団体が対策を打ち出しており、そのもっともなところとしては緑を自分達で植える砂漠緑化活動です。砂漠化がひどくなってきている所に小さな木を沢山植えて、育てていくというものです。

今すぐに効果が出るような取り組みではありませんが、こうしたコツコツとした活動が何年後の地球を救います。

生態系にも影響を及ぼす砂漠緑化の問題

昨今においては、世界中に砂漠のエリアが広がっています。砂漠のエリアが広がってしまうと、さまざまな問題が生じます。砂漠化してしまうと砂だけが残り、あたり一面に砂が広がることになってしまいます。

砂漠になってしまうと地球上の生物においては、生息することが不可能になります。また、人間の生活にも影響を及ぼしてきます。そのような問題を踏まえて、砂漠緑化が緊急課題として行われていますが、時間のかかる取り組みになります。

しかしながら、これ以上広がってしまうと生態系にも大きく影響を及ぼしてしまう可能性がありますので、みんなで早急に取り組んでいくことが重要になります。

砂漠緑化のための水分を維持する

砂漠の緑化問題は簡単な問題ではありません。砂漠になってしまった場所については非常に乾燥が進んでしまっていて、植物が育たず生態系が作りづらい環境になってしまっています。そのような環境の中で、砂漠緑化をおこなう為に植物を植えたとしても枯れてしまったりすることがあります。

このような問題点がありますので、砂漠緑化をおこなう場合においてはどのように水分を維持する事ができるかがポイントになります。案としては水分を豊富に含むクラゲを利用する方法として、砂漠化された土地にクラゲのチップをまいてみる事で、水分を蓄えようという実験がされています。

草方格で砂漠緑化をする方法は

流動砂丘の中を、馬車で移動します。草方格の材料となる、麦わらは場所を使って、現地まで運びます。時には人力のみで、運ぶ場合もあります。現地に到着すれば、麦わらを基盤の目状に、地面へ差し込んでいきます。そして植物を植栽すれば、施工は完了です。

数年が経過すれば、植栽した多年草や低木が、砂地を固定し始めます。固定し始めれば、多年草などを刈って草方格をすることが出来るので、どんどん砂漠緑化を進めていくことが出来ます。

範囲を広めていくことに成功すれば、そこが流動砂丘であったことが分からないほどに、植物が生い茂り地面すら見えないほどになります。

砂漠緑化に関する記事