RichRecycleリサイクルを有効活用!大阪のリサイクルショップ

砂漠緑化

現在では砂漠の地域が広がっている傾向になります。砂漠の地域が広がるといろんな問題が出てきます。砂漠になると砂だけが一面に広がる事になります。

多くの生物はそこに生息する事ができなくなってしまいます。元々地球上に存在していた砂漠だけではなく、更に人々が生活する事によって砂漠化している事が問題です。私たちの生活にも影響してきます。

現在では砂漠緑化が行われていますが、砂漠緑化の活動を行ってもすぐに結果がでる分けではありません。

植えた植物が大きくなって結果が出るまでには時間がかかります。いろんな問題を引き起こす可能性がある砂漠化の問題は早急な解決が必要とされています。
中国など地球上では砂漠が進み、砂漠緑化は人間の解決すべき課題です。

難しい砂漠緑化

砂漠緑化は簡単ではありません。というのも、元々砂漠になっている場所は土地が非常に乾燥しており、植物が育ちにくい状況になってしまっています。そこに砂漠緑化のために植物を植えても枯れてしまう事もあります。

ですので、砂漠緑化のために、どうやって水分を常に保つかという事がカギになる事もある様です。クラゲはたくさんの水分を取り組む事ができますので、土地にクラゲのチップをまく事で、水分を蓄える事ができ、植物が育ちやすい環境を作るというアプローチもある様です。砂漠緑化には新しい技術が積極的に取り入れられています。砂漠緑化というのは環境を変えるという事ですので、高いハードルですがいつか達成できるかもしれません。

砂漠緑化の取り組みに参加しよう

個人で砂漠緑化をおこなう事はできないとされています。しかし、砂漠緑化を実施するツアーなどに積極的に参加することで、このような取り組みに協力するような事は可能になります。多くの国の人たちと一緒になって活動をしますので、一人で行動していた時よりも大きなパワーとなり、取り組みを行っていくことになるでしょう。そして新たな価値観や交友関係においての広がりも出てくる可能性があります。

環境における問題は世界の問題として、非常に深刻な問題になっていますが、このように積極的に行動していくことで、何か変化する可能性が秘められているとも言えます。日本からでもおこなえる事はどんどん参加していくことをしましょう。

砂漠緑化に資金と技術、知識が集結

国連の発表では、世界中で41パーセントの乾燥地域があり、そのうち10パーセントから20パーセントが砂漠化しているというのです。

理由としては、干ばつなどの気候変動や人の営みによって生じる森林伐採や、人工増加による過剰な放牧や耕作などが、砂漠化を加速させる要因とされています。特にアフリカでは深刻な広がりを見せていたため、1994年に砂漠化対処条約が採択され、日本でも1998年に受諾されています。

これにより、資金援助だけではなく、砂漠緑化にむけた技術や知識を提供し、これまで世界各地で砂漠緑化に成功した事例が数多くあります。

砂漠緑化を進める流れについて

非常に広いエリアの中で、砂漠緑化をしていくには高度な技術が必要とされています。

まずは緑化をおこなうエリアを選定し、場所が決まれば野生動物や家畜などから樹木を守っていくために、緑化を行う周囲に有柵を設置していきます。砂漠緑化に必要とされている水においては、地下水を利用していく為に井戸を掘ってみます。そのあとに配管工事を行っています。配管工事が無事に終了できれば、基盤の整備は完了になります。

続いて苗木の選定をしていきますが、その地域にあった、苗木を選択していくことがポイントになります。実はこの作業は一番難しい作業とも言えます。数年先には砂漠がなくなり緑が豊かな地域になっていることでしょう。

砂漠緑化に関する記事